Suara「無情」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Suara > 無情

Suara「無情」のジャケット画像

無情

歌手:Suara
作詞:半田麻里子
作曲:半田麻里子

しめやかな宵の雨 水面が揺れる
酔いしれた心まで朧に映る

揺らぎ許さぬ意思と 側で寄り添う迷いが
思い睦ぶか否か 向かう先わからずに

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも時は流れてゆくのに
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも時は流れてゆくだけ

欠けてゆく宵の月 もの憂く夜明け
物悲しい心には答ふ(いらう)こと無く

ふたつ惹かれ合うのに 落ち合うことは叶わず
想い焦がれた意味の 向かう先知りながら

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも空は明るく遠くて
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも空は寂しく遠退く

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも時は流れてゆくのに
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも時は流れてゆくだけ

ユメノナカノザンゾウ ヒビノナカノクウキョ
ヒビキワタルアイゴウ ソレトモカノアイカ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Suaraの人気歌詞

Suaraの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.