ひょろっと男子「コンポタ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ひょろっと男子 > コンポタ

ひょろっと男子「コンポタ」のジャケット画像

コンポタ

歌手:ひょろっと男子
作詞:松藤量平
作曲:陶山隼

最後の一粒まで

おやすみってさ 君の声に変換して
ベッドに潜る また明日ねってつぶやく

今日も吐きそうなくらい君は可愛くて
正直しんどいけど
そっと微笑んだ 横顔見つける度
解けてゆく 雪のように

かじかむ手で 君が握ってた
自販機で売ってる コンポタ
君を温めるためならば それになって全部
飲み干してほしい
最後の一粒まで

君が持ってた ポケットカイロと同じの
わざわざ探す 温もりさえ想像して

穴があきそうなくらい君を見つめてて
正直ごめんだけど
いつも振り返る 眠りにつく瞬間
笑ってる 愛しいんだよ

真似して買って 飲まず終いの
冷たくなってた コンポタ
いつか渡す日のためならば それもきっと全部
無駄じゃないから
最後の一粒さえ

おしるこ飲む 君も好きだよ
気分屋なとこも 愛しい
君を温めるためならば しるこにもなるよ
飲み干してほしい
いつだって僕は 君を思うよ
最後の一粒まで

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ひょろっと男子の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.