小林旭「翔歌」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 小林旭 > 翔歌

翔歌

歌手:小林旭
作詞:阿久悠
作曲:宇崎竜童

この歌は・・・父の背中で聞いたのか
それとも母の腕の中
いずれにしても この俺を
育ててくれた 歌だった
あれから何年 何十年
乾いた都会の 真中で
疲れた人の ためにだけ
俺は ときどき 歌っている
影法師 影法師 ひきつれて行く帰り道
ともしび三つ わが家が一つ

この歌は・・・恋がいのちであった頃
男の友に惚れた頃
いずれにしても 人生を
照らしてくれた 歌だった
貧しさ苦しさ 乗り越えて
花咲く都に ひとり立ち
未来はどこと 睨みつつ
俺は ときどき 歌っている
初恋の 初恋の 言葉をそえて桃の花
あなたに三つ こちらに一つ

初恋の 初恋の 言葉をそえて桃の花
あなたに三つ こちらに一つ

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

小林旭の人気歌詞

小林旭の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.