安月名莉子「さいしょからずっと」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 安月名莉子 > さいしょからずっと

安月名莉子「さいしょからずっと」のジャケット画像

さいしょからずっと

歌手:安月名莉子
作詞:タナカ零
作曲:安月名莉子

さいしょからずっと腕のなかで

透明な爪水晶 リグレット
みえなかった まだ

いたずら空からふるえた星
鼓動をあげて この命もあずけたかった

さいしょからずっと腕のなかで
罪の場所かぞえ消えた きみの明かり
きみの光

風がにげてくよ 微熱のつきささったまま

ねがいがかなうなら ときをもどす
ことば全部あのひとにつたえたいから

泣きそうだよずっと 想いすぎて
だいすき とどけてだれか
君のそばにいつもいたい

そのかすかな期待を粉々に裂いて
またわたしの世界は立ちどまる
あいたいよ

片方の羽根 ひざに抱いて
のばした影 ここでひとり

さいしょからずっと 胸のおくまで
喪う予感で くるしい歌おぼえた
愛の名をつげて消えた きみの瞳
きみの光

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

安月名莉子の人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.