亜咲花「Childhood's End」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 亜咲花 > Childhood's End 歌詞

Childhood's End / 亜咲花
Amazonで見る

「Childhood's End」歌詞

歌手:亜咲花
作詞:桑島由一
作曲:藤間仁(Elements Garden)

「虹の向こうには 何かあるはず」と
信じてた季節(ころ)にはもう戻れなくて
泣いたのが君じゃなくて 僕ならばいいのに
背伸びして その唇 触れた
出会わなかった方が よかったなんて嫌だ
 
いつかは幸せも悲しみも 風のようにただ消えるけど
不意に胸をよぎるのは 何の痛み?
ひび割れた愛を抱いて 次の物語 描く
 
あの頃と同じ雲が流れてく
星を見るふりして泣いたこともある
テーブルに置いた皿が 少しずつ増えていく
騒がしく小鳥たちが歌う
幻と踊った 日々もやがてもう終わる
 
誰もが鎖のような秘密がある 穏やかに笑える日まで
僕の胸をよぎるのは 誰の痛み?
なけなしの愛を抱いて 新しい虹を描く
 
時計を合わせ 呼吸を重ねた僕たちは
もう帰れない 場所を目指していた
また会えたら 離れないで 離さないで
 
いつかは幸せも悲しみも 風のようにただ消えるけど
不意に胸をよぎるのは 何の痛み?
新しい朝を生きる 次の物語 描く 自由に

ゲーム「グリザイア:ファントムトリガー Vol.6」エンディングテーマ
アルバム「HEART TOUCH」収録曲


亜咲花の人気ランキング

亜咲花の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.