りぶ「はぐれうた」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > りぶ > はぐれうた

りぶ「はぐれうた」のジャケット画像

はぐれうた

歌手:りぶ
作詞:三秋縋
作曲:堀江晶太

さあさ 終わりにしようか
見え透いた木偶の星は消えた
反対のバスに乗ろうか
泣き濡れた夜を茶化して逃げ出した

踏みにじられた藍の庭
さかさに朽ちた三輪車
二重の影がたゆたう
はぐれたわけじゃないのにな
どちらさまからと笑う声
「あなたも迷子ね」

そっと手を そっと指を
「ないしょだよ」
意味はないのにな それが光っていた

ぜんまい仕掛けを五回転
錆びついた喉でも愛を伝うよ
放言主体の遺書を描いて
笑いあった日々が無性に恋しいんだ

「わたしはきみの迷子なの
裸足で震え泣いてたの」
二重の影が交わる
背中合わせで目を閉じよう
そらで口ずさむその歌を
いなくても聴きたいから

気づいたろう ごめんねも
さよならも
くだらない言葉 ふれたあとには

寄せた肩は気休めなんだろう
振り返るのは僕だけなんだろう
あとふたつ あとひとつ
ただ 数えてた

遠い灯が かすんでも
その歌は
情けないほどに胸に残っていた

さびしさも ふれたさも
愛してやろう
きっといない君がくれるものだから

アルバム「Ribing fossil」収録曲


「はぐれうた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

りぶの人気歌詞

りぶの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.