図書室の君へ 歌詞 / 乃木坂46

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 乃木坂46 > 図書室の君へ

乃木坂46「図書室の君へ」のジャケット画像

図書室の君へ

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:杉山勝彦

「君を好きになって初めてわかった。
好きになるっていうのは、
その人のことをもっと知りたいと思う気持ちのことだ。
だから、僕は君のことをもっと知りたいと思った」

図書室の本棚の向こう側
そう何か探してる君がいる
偶然のふりをして覗こうか
いやここから 隙間の君を見ていようか

「放課後になって まだ、校舎に残っている生徒は
誰かに話しかけたくて待っているのかもしれない」

窓際のカーテンが風に揺れ 膨らみ始めた

ヘミングウェイなんて読んだこともなかった
活字嫌いの僕なのに
なぜかここに座っている
いつだったか君が手にしていたのを見て
どんなことが書いてあるか気になって
ページめくり始めた

図書室の別々のテーブルで
僕たちはただじっと本を読む
チラチラと横顔を盗み見て
君が何を考えてるか知りたかった

「いつの間にか 陽は沈んでしまった。
それでも本を読んでいる君のために
僕は図書室の灯りを点けてあげた」

過ぎて行く時間さえ気づかない夢中さっていい

ヘミングウェイ読んでほんの少しわかった
君と僕の性格は
そう全く違うってこと
教室ではきっと気づかなかっただろう
でもどうして君のことをこんなにも
好きになってしまったか?

「君をもっと知りたい」

ヘミングウェイなんて読んだこともなかった
活字嫌いの僕なのに
なぜかここに座っている
いつだったか君が手にしていたのを見て
どんなことが書いてあるか気になって
ページめくり始めた


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

乃木坂46の人気歌詞

1 大人への近道通学のバスでよく会う気になる男
2 立ち直り中永福町駅から道路渡って 大勝軒
3 悲しみの忘れ方爽やかな風が吹いて 木々の枝 揺
4 I see...浮かれた気分のステップ 鼻歌ま
5 満月が消えた金色の水が跳ねた 太鼓橋 その下
6 会いたかったかもしれない会いたかった 会いたかった 会い
7 白い雲にのってほんのささいなやさしさは まる
8 世界で一番 孤独なLoverそんな優しい言葉を口にしないで
9 傾斜する傾斜する 傾斜する 僕の心の角度
10 ポピパッパパーSay! ポピパパッポピピップ… Sa
乃木坂46の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.