ENDRECHERI「PURPLE FIRE」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ENDRECHERI > PURPLE FIRE 歌詞

PURPLE FIRE / ENDRECHERI
Amazonで見る

「PURPLE FIRE」歌詞

歌手:ENDRECHERI
作詞:堂本剛
作曲:堂本剛


怒り 悲しみの灯 焚べる様な夕景
涙奥まで 舐(ねぶ)って 舌で 舌で 脳を 靄(もや)すよ
 
抜け出さない 抜け出せもしないで それ溺る間に
あの日が 朽ちない 傷らが 舌に 舌に 悶(もだ)き 蠢(うごめ)いた
 
この酔い 眠らすように
空で雲の龍が廻(めぐ)り泣き その下に 煌む太陽と 胸へ 胸へ 溶けて 燻った
 
燃え滾れよ 燃え上がれよ へばりつく 皆を
じりじりと 焦し 灰にしてよ 塵の死までと 燃やして ねぇ さぁ
 
紺桔梗(こんききょう)な 朱殷(しゅあん)な傷 抱き合い捩(よじ)れた摩擦が 夕刻の美に 口づけして咲く
 
PURPLE FIRE

アルバム「NARALIEN」収録曲


ENDRECHERIの人気ランキング

ENDRECHERIの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.