霧雨波止場 歌詞 / 加宮ゆうき

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 加宮ゆうき > 霧雨波止場

加宮ゆうき「霧雨波止場」のジャケット画像

霧雨波止場

歌手:加宮ゆうき
作詞:みやび恵
作曲:雷神拓弥

小雨(こさめ)が冷たく ふたりを濡らす
抱き寄せ歩いた ベイサイド
誰よりも 愛しているわ
潤んだ瞳で 囁きながら
なぜ おまえは 黙って消えた
空が泣いてた 霧雨波止場

夢追う邪魔には なりたくないと
始発に乗ったと 聞かされた
やさしさに 甘えた罰か
戻りはしないと 分かっていても
まだ おまえを 探してしまう
恋の抜け殻 浮かべる波止場

思い出拾って 彷徨(さまよ)う夜は
ブルース切ない ベイサイド
今さらさ 未練な愚痴さ
あの時すべてを 捨てられたなら
ただ おまえを 追いかけたなら
ひとり佇む 霧雨波止場


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

加宮ゆうきの人気ランキング

1 Tokyoカーニバル君と逢うたびに この胸が躍る 運
2 霧雨波止場小雨(こさめ)が冷たく ふたりを

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.