ubugoe 歌詞 / ravenknee

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > ubugoe 歌詞
ravenknee「ubugoe」のジャケット画像

ubugoe

 

ravenknee

作詞 : joe matsumoto
作曲 : joe matsumoto
歌詞

生々流転な激動の最中 華麗に踊る君を片目で追う
幾重にも輪を描いては消えてく 生まれる前から決まっていた事

物語の始まりを告げる産声にはさ 祝福の歌をあげる
足場がない程の終りの上で君は眠るだけさ

さっきまで居た ここに確かに居た
微かな髪の匂いと 空に響く白い声
泣いて居たのは確かな記憶だ きっと忘れてしまったのは僕の方

明鏡止水な静寂の彼方 綺麗に揺れる君を両手で掬う
螺旋状に弧を描いては消えてく 生まれてすぐ気付いた内緒の事

繋いだその手を離さないで 君と僕が出会い描いた夢の
続きを話そういつまでもさ 明日のためにも聞いてくれよ
幾重にも輪を描いては始まる そんな歌を唄い続けたんだよ


公開日 : 2019-07-03
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
ravenkneeの人気ランキング
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

いのりうた
日野美歌

迷子 to MYSELF
Hundred Percent Free

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.