100年前 歌詞 / PELICAN FANCLUB

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > PELICAN FANCLUB > 100年前

PELICAN FANCLUB「100年前」のジャケット画像

100年前

歌手:PELICAN FANCLUB
作詞:エンドウアンリ
作曲:エンドウアンリ


螺旋階段と駐輪場を行ったり来たり
遠くみてツツジの蜜を吸う君の姿
僕だけの秘密にしようと

手紙なんて送ってもないのに
ポスト覗いてみたりする
ウズウズしていて仕方ない
日常は突然くしゃみした

何も期待はしていない
ただの憂鬱を吹き飛ばしたい人生だった

動きそうな
あの太陽に沈まない呪文を唱えた
ときめきの中まで白夜のよう

大事な物だけ胸にしまっていて
言われた言葉を口に出してみたんだ

螺旋階段をまた降って
あの子のマネをしてみてり
ツツジの蜜をすってみて
少しだけ甘いなとこぼした

電話なんかしていないのに
誰か話を聞いてほしい
ウズウズしていて仕方ない
日常は突然風邪ひいた

何も期待はしていない
ただの憂鬱を吹き飛ばしたい人生だ

動きそうだ
今太陽に沈まない呪文を唱えた
ときめきの中まで白夜のよう

大事な物だけ胸にしまっていて
言われた言葉を口に出してみたんだ

遊びに行こう
答えはない
遊びに行こう
答えはない
明るいうちに僕らは遊びに行こう

動きだした
今太陽に沈まないでと叫んだ
ときめきの中だけ白夜のよう

戻らないこの日々を胸にしまっていて
言われた言葉が胸に残っていた
大人になった今なぜか思い出したんだ


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

PELICAN FANCLUBの人気ランキング

1 Dayload_Run_Letter永遠の眠りの中へ 君のいないと
2 ベートーヴェンのホワイトノイズ結局人間が好きだった なぜなら
3 100年前螺旋階段と駐輪場を行ったり来た
4 7071なりたいようになれない なら太
5 Girlfriend In A Coma桃色の綺麗なシャツと白いカーデ
6 三原色空の色はどうして青くみえるのだ
7 記憶について (2019)帰る場所があるから帰りたくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.