夜明けの詩 歌詞 / 村上智里

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 村上智里 > 夜明けの詩

村上智里「夜明けの詩」のジャケット画像

夜明けの詩

歌手:村上智里
作詞:T.TAKAMITSU
作曲:T.TAKAMITSU

19で男の 言葉に抱かれて
心のすき間を あたためていたわ
季節はずれの 雪の中
ふるさと背にして 夢を見た
夜明けの 都会は
灰色の街

寂しさこらえて 強がってみても
むなしい思いは かくしきれない
嘘に染まった キズ跡に
わざとらしさが しみついた
夕闇の 街の灯も
雨に泣いてる

卒業写真に 想い出めぐらせる
あの頃あたしは むじゃきな笑顔
一度は咲いて 散る花も
季節が変われば よみがえる
もう一度 もう一度
夢を見させて


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

村上智里の人気歌詞

1 Boogie BEATカラカラ乾いたハートに Boogie
2 夜明けの詩19で男の 言葉に抱かれて 心のす

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.