悠木碧「くれなゐ月見酒」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 悠木碧 > くれなゐ月見酒

悠木碧「くれなゐ月見酒」のジャケット画像

くれなゐ月見酒

歌手:悠木碧
作詞:高瀬愛虹
作曲:角本麻衣

――舞い踊る花吹雪
――呑めば酔い酔い 夢心地

もう少しそばに来て 今だけ愉しみましょう
貴方と初めて交わす 甘い果実の味

首筋に牙を立てる 欲望が顔を出す
鈴の音に身体を委ねて 艶やかに踊りましょう

手探りで近づく恋は 毒の香りがした
何も知らぬふりして 限界まで注いで

今、燃ゆる三日月 酌み交わす盃
花びらが水面に落ちる酔いの果て
妖しく儚げに 盛り上がる宴に
見つめ合う時間がふたり酔わすまで
恋しくて溢れる
胸の奥からひらひらと紅い花 止めて

(ひらひらりと舞い落ちる)
(誓い契りし恋の花)
(ひらひらりと舞い落ちる)
(ゆらゆらりと夢の花)
月明かり照らされた夢の花

私だけに溺れて 火照りを隠さないで
くちびるに残ったのは 熱い本気の味

思い出を呑み干すまで 泪も零さないで
一度開けてしまったら最後 呑み比べはしないでね

夜空に浮かべて描いた 眩しいその夢が
騙し絵に変わろうと 頷き信じるだけ

この恋はくれなゐ もう二度と暮れない
散ることを知らない闇を焦がす花
鮮やかな爪紅 狂い出す調べに
終わりを見失うふたり夢の中
我楽多を集めて
無理やり開く禁じられた玩具箱

刻み込んで忘れないで
こヽろが角を出す前に
嗚呼 溶けるような熱を移させて

今、燃ゆる三日月 酌み交わす盃
花びらが水面に落ちる酔いの果て
妖しく儚げに 盛り上がる宴に
見つめ合う時間がふたり酔わすまで
恋しくて溢れる
胸の奥からひらひらと紅い花 止めて

(ひらひらりと舞い落ちる)
(誓い契りし恋の花)
(ひらひらりと舞い落ちる)
(ゆらゆらりと夢の花)
月明かり照らされた夢の花

アルバム「ボイスサンプル」収録曲


「くれなゐ月見酒」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

悠木碧の人気歌詞

悠木碧の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.