逆転 歌詞 / 緑黄色社会

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 逆転 歌詞
作詞 : 長屋晴子
作曲 : 長屋晴子

歌詞

信じた私が馬鹿でした
遅かれ早かれこれでいいんだ
そうと決まれば話をしよう
今夜ばかりは全てを許すよ
 
とっくに全部知っていたから
何度嘘を重ねたの
そうだったのねと笑うから
少しだけ馬鹿にさせて
 
程よく仕上げた関係が
はらはらと崩れ去っていく
悲しいか悔しいかの感情に
操られている暇はない
 
信じた言葉は泡のよう
きらりとしたらたちまち消えてく
今じゃ輝きも見つからない
終わり良ければ全てが良いもの
 
たった少しの記憶でしょうが
特別だと思えたの
そんな純情ともおサラバ
私をもう信じないで
 
ざわめく気持ちの正体は
きっと未経験へのスリル
あれほどに執着した存在に
これ以上手を焼く暇はない
 
これはもう完全勝利
って言わざるを得ないくらい
今更の想いの逆転
 
程よく仕上げた関係が
はらはらと崩れ去っていく
悲しいか悔しいかの感情に
操られている暇はない

公開日 : 2019-06-06
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

緑黄色社会の人気ランキング

緑黄色社会の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.