夜明けのタクシー 歌詞 / 森まどか

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 夜明けのタクシー 歌詞

夜明けのタクシー

 

森まどか

作詞 : 田久保真見
作曲 : 徳久広司

歌詞

背中でドアを閉めれば 息をひそめた蒼い街
サヨナラは言わないわこわれそうだから
夜明けのタクシーひとり去ってゆく それが私にお似合いね
夜明けのタクシー手をあげるけど これからどこへ行けばいいの
 
空車の赤いランプを また一台と見送るの
追いかけて来ないことわかっているくせに
夜明けのタクシーもしも泣いたなら 愛は続いていたかしら
夜明けのタクシーねぇ遠くまで 私をはやく連れて行って
 
夜明けのタクシーひとり去ってゆく それが私にお似合いね
夜明けのタクシー手をあげるけど これからどこへ行けばいいの

公開日 : 2019-04-26
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

森まどかの人気ランキング

1 夜明けのタクシー背中でドアを閉めれば 息をひそ
2 愛のエトランゼ涙も枯れたこころは砂漠 砂のよ
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.