ありがちな恋愛 歌詞 / 乃木坂46

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 乃木坂46 > ありがちな恋愛

乃木坂46「ありがちな恋愛」のジャケット画像

ありがちな恋愛

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:杉山勝彦


同じ方向に並んだ団地の窓に
いくつ しあわせが存在するか数えて
風に揺れている洗濯物の色味で
どんな家族なのかわかる気がしてしまうよ

僕が守りたいもの
そこにあるのか(未来)
通りかかった道端で
考えた

ありがちな
恋愛のその結末はどれも同じで
そう知らぬ間に二人 別の道を行く
愛よりも大切な夢を見つけたのなら
現実はいつだって退屈なものだ

空に息を吐く一本の煙突の下で
一体 何を燃やしてるのだろうと思う
そこにあるものの意味を考えたくなる
こんな理屈っぽくなったきっかけは何だ?

あの日 一人になって
探し始めた(理由)
もし失ってしまったら
困るもの

ありがちな
サヨナラはそれでよかったと言い聞かせて
何回も“もしも”ばかり振り返るだけさ
本当は納得できてないってことだろう
後悔はいつだって意地との綱引き

君はどうなんだろう?
望み通りか?(今は)
手に入れた夢の暮らしは
しあわせか?

ありがちな…
ありがちな
恋愛のその結末はどれも同じで
そう知らぬ間に二人 別の道を行く
愛よりも大切な夢を見つけたのなら
現実はいつだって退屈なものだ


アルバム「今が思い出になるまで」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

乃木坂46の人気歌詞

乃木坂46の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.