夜桜 歌詞 / SEKAI NO OWARI

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 夜桜 歌詞
作詞 : Fukase
作曲 : Nakajin・Fukase

アルバム「Eye」収録曲

歌詞

春の匂いは前世の記憶のよう
思い出せないんだけど、少し懐かしいような
ここのところ夜がやけに長い気がする
貴方から連絡がないから
きっとそう思うんだろう
 
あの時、僕らが数え切れぬほどあると、
思ってたこの春はもうあと何回来るんだろう
 
貴方に出逢うまでは
もう少し強かった
一人がこんなに寂しいなんて
思わなかったんだ
 
今すぐ貴方に会いたい
桜の花が散る前に
雨に堕ちていく儚さのように
短い其れだから
 
貴方のことを想うと突然哀しくなる
寂しい事はいつだって幸せが教えてくれる
 
何も考えずオオカバマダラのように
光に真っ直ぐになれたら どれほど良かったんだろう
 
貴方に出逢うまでは
もう少し強かった
一人がこんなに寂しいなんて
思わなかったんだ
 
今すぐ貴方に会いたい
桜の花が散る前に
雨に堕ちていく儚さのように
短い其れだから
 
泥に汚れた花びらは戻れない
美しかった時間に
そんな事分かってたはずなのに
何も出来なかった

公開日 : 2019-03-11
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SEKAI NO OWARIの人気ランキング

SEKAI NO OWARIの人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

HOLD HEART
北出菜奈

アイ ウォン チュー
サンボマスター

空っぽの空が僕はきらいだ
坂口有望

ママへ
AI

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.