シャボン王子と無間地獄 歌詞 / 焚吐

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > シャボン王子と無間地獄 歌詞

シャボン王子と無間地獄

 

焚吐

作詞 : 焚吐
作曲 : 焚吐

アルバム「死にながら生きたい」収録曲

歌詞

昔々のお話 某国の王子は気付いた
「どうやら僕の瞳は他人とは少し勝手が違うようだ」
いつからか家臣の声も民衆の声もお父様の声も
色の付いたシャボン玉となって彼の視界を埋めた
 
喜びはピンク色 嘘をつけばすぐに濁った
隠れて悪事を働く不届き者も一目で分かった
「ああ この力さえあれば全部安泰だ」 そう確信したんだ
人々は彼を“シャボン王子”と呼んだ
 
ふわふわふわふわり… 絵本の中みたいな光景
ぱちぱちぱちぱちり… 舞踏場のシャンデリアよりきれい
 
「これはきっとさ 神様から見初められた証明
この国を守っていく そのために生まれてきた
どうせならさ 心の声も見えたならいいのに」
それを聞いた神様は気まぐれに願いを叶えた
 
市場を見回り中 痩せぎすの青年と出会った
自殺願望が真っ黒いシャボン玉となって空を覆っていた
「僕が来たからにはもう大丈夫だぞ」 そう言って肩を叩いて
思えばそれが歯車を狂わせた瞬間だった
 
初対面の男に心を見透かされた羞恥
何より期待という無邪気な重圧に耐えられるわけなく
青年は力一杯舌を噛み切り その場で死んでしまった
どこからか甲高い悲鳴が聞こえた
 
“人殺し”と石を投げられても投げ出せぬ職務と罪悪感
時を待たず酒に溺れ 自己と他己の境失くす毎夜
「目に映るもの全て 鏡の前じゃ僕も例に漏れず敵なんだ」って
そう言い残しとうとう気が触れた
 
数年前の栄光が嘘みたいな地下牢で
「一族の恥」と 「産まなきゃよかった」と
蔑む声も彼の耳にはもう届かない
 
もはや息するだけの屍を持て余していたところ こう呟く
「神よ 全てお前のせいだ」
ひどく血走った両目で空を睨み付ける
 
神様はこう返した 「調子に乗んな」って
「俺の読みが間違ってたっていうのか
それならばお望み通り“行き過ぎた力”を無くして進ぜよう
 
土へ還れ、命諸共 こんな恩知らずなだけの失敗作
天国にも地獄にさえも行けるなんて思うなよ
さあ、これで全部おしまい」
 
所詮彼が消えたところで 訪れる平和も巨悪もなかった
この世界に何も与えられなかった さながら初めから居なかったかのように
これから彼はあの日の過ちを省みることも償うことも
自分勝手に泣くことも到底許されず
“無”という無間地獄の中で永久に彷徨い続けるのだ
めでたしめでたし…

公開日 : 2019-02-25
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

焚吐の人気ランキング

焚吐の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

なぁ、未来。
100s

あなたに出会って feat. YU-A
Miss Monday

blue new moon
KinKi Kids

光陰論
koma'n

The End
Base Ball Bear

Self-Portrait
Mary's Blood

回転レストランの悲劇
キノコホテル

Breakfast@曙
モンゴル800

Wish
Sowelu

髑髏
豚乙女

夢追人
加藤和樹

みあげれば
TOKIO

DRAGONFLAME
JAM Project

あの夏のメロディー
Ange☆Reve

merry-go-round
SILENT SIREN

ズバリ発情期!
Gacharic Spin

Save Your Days
TOTALFAT

PRAYING RUN
UVERworld

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.