大川栄策「港雨」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 大川栄策 > 港雨

港雨

歌手:大川栄策
作詞:たかたかし
作曲:弦哲也

下駄で小走り 手を振る女
やがて港に 船が着く
霧雨 桟橋 涙をこらえ
俺にさしだす 女傘
…逢いたかったよ
かわす目と目に 港雨

一度わかれた 男と女
離れきれずに 舫(もや)い船
海猫 灯台 たたずむ二人
痩せたみたいだ 昔より
…苦労かけたな
言えば泣きだす 港雨

怨みつらみも
あるはずなのに
何もいわずに 酒支度
漁り火 やすらぎ 旅路の終わり
二度とおまえを 離さない
…逢いたかったよ
抱けば遣らずの 港雨

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

大川栄策の人気歌詞

大川栄策の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.