おやすみの詩 歌詞 / ReoNa

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ReoNa > おやすみの詩

ReoNa「おやすみの詩」のジャケット画像

おやすみの詩

歌手:ReoNa
作詞:毛蟹(LIVE LAB.)
作曲:毛蟹(LIVE LAB.)

「形には意味などないから」
テレビの中で学者が言うのです

「私に意味などあるかしら」
嘆く私が私に言うのです

「言葉には力があるから」
教科書を手にセンセが言うのです

「私には力がないから」
逃げる私が私に言うのです

誰も、誰も
気付かないふりをしてた

声を、声を
押し殺した

だから
天使の輪をくぐって
一つ足を踏み出しても

ただ、ただ
君は私を覚えていて

背中に羽がなくても
体は宙に浮くから

まだ、まだ
息はできるかな

歪な髪、ハサミで切って
嘲笑ったあの子を笑いましょう

誰かにまた切られる前に
短く揃えてしまえば良いさ

「形ハナアニ、違イハ何処ニ」
些細なことなんでしょう

「言葉ハナアニ、永遠ニ祈リ」
三百六十度孤立無援

誰も、誰も
気付かないふりをしてた

声は、声は
届かなかった

真綿で首が絞まるような
緩やかな終わりの向こう

ただ、ただ
幸せだけが待っていて

「おやすみ」だけが人生と
嘆く私は思うのです

ただ、ただ
醒めないでと

だから
天使の輪をくぐって
一つ足を踏み出したら

ただ、ただ
君と私も離れてく

背中に羽などなくても
体は浮かんでくから

まだ、まだ
叫び足りないまま

「私、私」
私が生きてく証
「証、証」
見つけられない私

「私、私」
君が見つける証
「証、証」
「おやすみ」だけの私


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ReoNaの人気ランキング

1 SWEET HURT腫れた背中のかさぶた 千切れた
2 おやすみの詩「形には意味などないから」 テ
3 カナリアほんの小さな陽だまりを 半分こ
4 forget-me-notSo this is me 重すぎる鎧で 歩
5 トウシンダイ屋上 青ざめた空と 放課後のうだ
6 虹の彼方にひたひた零れる 赤い赤い錆色 わ
7 怪物の詩つきたくてついた嘘じゃない ど
8 Lotusこの手首 切り刻んで 値段のつか
9 決意の朝にどうせならもう ヘタクソな夢を

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.