luz「光彩」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > luz > 光彩 歌詞

光彩 / luz
amazon検索

「光彩」歌詞

歌手:luz
作詞:papiyon
作曲:papiyon


君も僕もただ孤独なんだと
胸の奥の方で知っていても
この想いは忘れたくないから
美しい世界よ
もう一度笑ってみせて

積み上げた言葉を
どれだけ信じたって
手と手を結んだ線は僅かに細くて

流れる時間に沿って
振り向けば確かに
残された物は全て此処にあるの

目を伏せてる今の僕には
優しさが眩しすぎて

君も僕もただ孤独なんだと
胸の奥の方で知っていても
この想いは忘れたくないから
美しい世界よ
もう一度笑ってみせて

共に居た日常は
大事な景色だった
それに気付いたときにはもう遅くて

あの日君と出逢って
二人で夜を越えて
交わし合った約束は何処にあるの?

ずっと求めていた永遠など
疑う事しか出来ないみたいだ
曖昧な心に抱えていた
本当の答えも見えないな

どうしようもない頼りない声で
愛に縋りたいと囁いても
もう君には届かないのでしょう
儚く消える光彩の様に

君も僕もただ孤独なんだと
胸の奥の方で知っていても
この想いは忘れたくないから
美しい世界よ
もう一度笑ってみせて


luzの歌詞ランキング

luzの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(8:43更新)

1 水あそび童謡
2 Half MoonBRIGHT
3 レイニー ブルー徳永英明
4 村まつり童謡
5 Dirty Work Blouson Chiemi Remixブルゾンちえみ & オースティン・マホーン
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.