焚吐「モラトリアム」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 焚吐 > モラトリアム

焚吐「モラトリアム」のジャケット画像

モラトリアム

歌手:焚吐
作詞:焚吐
作曲:焚吐

僕が酸素を吸っている間 あなたが窒素を吸っているような
そんな そんな明確な違いがあれば
夢など容易く捨てられたのに

都市も宇宙も遠くにあるから きれいに映るんだなんて言うけど
どうして どうして離れゆく背中はこんなに
醜くも滲んでしまうんだろう

“追い越したい”はいつか “追い付きたい”に変わり
“追い付きたい”はいつか “置いて行かないで”に
そのまま消えてしまえばよかった?

あなたの半身が 僕の全身で
あなたの一歩が 僕の十歩だとしても
諦めきれない 身の程知らずにも朝を迎えてしまう
ねえ どんな顔すればいいの

錆びた遊具に 幼いあなたの面影重ねる自分がいて
やっぱ やっぱ宿命って奴なのかもな
「もう少し足掻いてみよう」…なんて

才能・センス信じない 努力も報われない
そう思いたかったのに あなたを見ていると
どうにも光が差してしまうんだ

あなたの現実が 僕の未来図で
あなたの失敗が 僕の成功だとしても
今だけはどうか無様でいさせて 独りぼっちの夜深
懸命に言葉を繋いだ

下手くそな旋律 木枯らしが運んで消えて
とうとう歩き出すかって 鞄を背負う 背負う

一生かけたとこで 追い付けないとしても
あなたの昨日を なぞるだけだとしても
諦めたくない 腐りたくはない ちゃんと花を咲かせたい
ねえ 僕もまた歌っていいかな

アルバム「呪いが解けた日」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

焚吐の人気歌詞

焚吐の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.