ロータス 歌詞 / 中田裕二

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > ロータス 歌詞

ロータス

 

中田裕二

作詞 : 中田裕二
作曲 : 中田裕二

アルバム「NOBODY KNOWS」収録曲

歌詞

やがて雨あられ過ぎ去って 鳥のさえずりと朝は来る
何処で どうやって君は来た 手繰り寄せる糸の向こうから
笹の葉揺れる音 漣の立つ音
その肌纏う香り 僕は聞く
 
春風に花舞う 恋し君の 柔らかな重さを腕に抱いて
見つめあう時間は ただ緩やかな 淡き優しさに染まる
 
遠くいつまでも程遠く 気づけばいつも振り出しだよ
君が大事に拾うのは 夢に零れる光の露
青緑の息吹 俄雨は煙り
街に揺れる灯火 君と見る
 
夕映えに風舞う 恋し君の 柔らかな微熱を腕に抱いて
見つめあう時間は ただ緩やかな 波間に浮かんで揺れた
 
車輪の上で 命は巡り 君と転がる
 
春風に花舞う 恋し君の 柔らかな重さを腕に抱いて
見つめあう時間は ただ緩やかな 淡き優しさに染まる

公開日 : 2018-05-15
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中田裕二の人気ランキング

中田裕二の人気一覧を見る▶
関連動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索

関連情報

you
倖田來未

Colorful
指田郁也

Felicidad
INORAN

飛行
iri

AM11:00
HY

キミノミライ
ROOT FIVE

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.