まなざし 歌詞 / 薬師丸ひろ子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 薬師丸ひろ子 > まなざし

薬師丸ひろ子「まなざし」のジャケット画像

まなざし

歌手:薬師丸ひろ子
作詞:松井五郎
作曲:松本俊明

唇にふれたとき
聴こえた鼓動
せつなくなる理由が
いまならわかる

ひとりで探した星空
ほんとは無理してたかな
そばにいて 欲しいだけの
そんな涙もある

あなたがいつか
行きたい場所で
同じ朝の陽射し
迎えられたらいいのに

わずかなもので
満ちる思いを
教えてくれる
まなざしを見ていたい

さみしさをほどく手を
この手に置いて

行く道ばかり急がずに
夜風に寄り添いながら
一度しかない季節を
そっと抱きしめましょう

まだなにもない
物語なら
時が進むように
はじめられればいいから

黙っていても
心が近い
ただ静けさも
幸せと呼べるほど

あなたがいつも
見てきた空に
同じ朝の陽射し
迎えられたらいいのに

わずかなもので
満ちる思いを
教えてくれる
まなざしを見ていたい
見ていたい


アルバム「エトワール」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

薬師丸ひろ子の人気歌詞

1 今日がはじまるならめずらしいの 泣きごと言うのは
2 僕の宝物僕はここにいるよ どんな時でも
3 冬の星座木枯しとだえて さゆる空より 地
4 秋の子すすきの中の子 一、二の三人 は
5 星を求めて夢のない世界が あなたをつつん
6 浜辺の歌あした浜辺を さまよえば 昔のこ
7 クリスマスには帰るから夢見るクリスマス 銀色の 雪と光
8 心の扉〜我が母の教えたまいし歌〜在りし日の温(ぬく)もりと 明日
9 椰子の実名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る
10 故郷兎追いしかの山 小鮒釣りしかの
薬師丸ひろ子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.