岩田さゆり「空色の猫」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 岩田さゆり > 空色の猫 歌詞

「空色の猫」歌詞

歌手:岩田さゆり
作詞:AZUKI七
作曲:中村由利


ほら空色の猫がまちを出る
晴れた空に紛れて
君を傷つけた その手色(いろ)にね
背中を押されてゆく
 
教会の鐘の音 遠くから聴こえてきて
人はまた懲りもせずに祈る
日が落ちる その前に ただ祈る
 
心の中にある 傷跡捨てられるとして
最初から そぅ 苦しみのない生き方選ぶでしょうか…
 
溢れ出るやさしい歌を聴いて
空色の猫がゆく
彼の胸に響くたった一つの歌声をさがしてる
 
傷ついたその分だけ優しさを知るはずだと
聞き飽きたチープな言葉でも
心から感じてる時がある?
 
少しだけ無理をして誰かに合わせてみたけど
それ程にね この世界は狭くもない筈でしょう
 
ほら空色の猫がまちを出る
初めての海へゆく
幻のような波の音に 一日が暮れてゆく
いつかその影が 寄り添うように
二つ並ぶといいね…yhea〜
 
and that's all right
so take it slow
will be just fine X ……

岩田さゆりの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.