Gackt「Birdcage」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Gackt > Birdcage 歌詞

「Birdcage」歌詞

歌手:Gackt
作詞:Gackt.C
作曲:Gackt.C


光の中で見た幼い記憶は
汚れたこの僕には今も遠過ぎて
 
闇の中、君の名を何度も叫んだ
終わらない時代の中で君しかいなくて
 
贖うことさえ出来ずに僕を閉じ込める
祈ることしか出来なくて…
悲しみは癒えない
 
紫陽花の濡れた葉を一枚千切った
水溜まりに浮かべて君を思い出す
 
雨上がりの夕暮れに微かに聞こえた
遠くの船の汽笛
何故か哀しくて
 
許されないものならすべてが消えればいい
苦しみも痛みも何もいらない世界へ
 
贖うことさえ出来ずに僕を閉じ込める
祈ることしか出来なくて…
悲しみは癒えない
 
優しく泣いた空から聞こえた君の声も
涙を浮かべたまま微笑った僕には見えない
 
光の中で見た幼い記憶は
音のない笑顔さえ今は嬉しくて
 
二度と戻れないあの頃にも
僕達は微笑っていた

Gacktの人気ランキング

Gacktの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.