森進一「狼たちの遠吠え」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 森進一 > 狼たちの遠吠え 歌詞

「狼たちの遠吠え」歌詞

歌手:森進一
作詞:長渕剛
作曲:長渕剛


ささやかな うぬぼれに酔いしれ
しあわせの群れからはぐれても
俺は過去を素直に受け入れ
つつましく我が道 旅に出る
赤い山並の上に
青白い三日月がかかる
くたびれきった月の砂漠を
トットッと行く
荒れ果て尽きた大地に突っ立ち
この一本道どこへ流れ続くのか?
ふと聞こえる 狼たちの悲しき遠吠え
銀色の牙をむき
雨を刺し 風を打ち
焼け焦げた魂を
引き裂いても
淋しくて 会いたくて
耐えきれず 泣きながら
そして人は明日へ歩くのだ
 
君に聞こえるかな
すきとおる瞳に届くかな
希望が西の果てに沈んでも
ありったけの命で叫ぼう
今こそ叫んでみよう
大切な人の名を叫ぼう
胸の高鳴りさえぎらないで
一番大切な人の名を叫ぼう
荒れ果て尽きた大地に突っ立ち
この一本道どこへ流れ続くのか?
ふと聞こえる 狼たちの悲しき遠吠え
銀色の牙が折れ
雨がやみ 風がやみ
焼け焦げた太陽が
昇り来る頃
苦しくて 耐えきれず
泣きながら 駆け上がれ
そして人は名もなき小さな花咲かせる
銀色の牙が折れ
雨がやみ 風がやみ
焼け焦げた太陽が
昇り来る頃
苦しくて 耐えきれず
泣きながら 駆け上がれ
そして人は名もなき小さな花咲かせる

森進一の人気ランキング

森進一の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.