Suara「Pride」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Suara > Pride

Suara「Pride」のジャケット画像

Pride

歌手:Suara
作詞:上原れな
作曲:巽明子

心が擦り切れる音を聞いた気がしたんだ
本当に大切なもの 失くしたあの夜に

どの道が正解かなんて考えても
誰も答えてくれない 僕は僕と向き合うしかない

ガラクタのような僕だけどまだ終われないから
信じてくれるその声に誇りを掲げて
流した涙を背に明日を生きてく
あの頃と違う顔上げて

何かに押しつぶされそうで怖くて寂しくて
どのくらい叫んだなら君に届くんだろう

周りの景色羨んで嘆いてた日々
だけど一つだけ知ってる 僕は僕でしか生きれない

今を受け止められたならまだ終わらないから
信じてくれるその声が譲れない誇り
これまで何度だって越えてきたんだ
悔しさも僕の糧になる

ガラクタのような僕だけどまだ終われないから
信じてくれるその声に誇りを掲げて

今を受け止められたならまだ終わらないから
信じてくれるその声が譲れない誇り
これまで何度だって越えてきたんだ
悔しさも僕の糧になる
あの頃と違う顔上げて

アルバム「星灯」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Suaraの人気歌詞

Suaraの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.