ClariS「冬空花火」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ClariS > 冬空花火

ClariS「冬空花火」のジャケット画像

冬空花火

歌手:ClariS
作詞:kz
作曲:kz


外れっぱなしの天気予報は
いつもの街を白く飾った
曇った窓を覗いていると
いつもの君がいたんだ

「花火をしよう」だなんて
私の手を取り微笑む

かじかむ手で 灯りを燈して
澄んだ夜空に咲いた花は
積もる雪も融けてしまうほど
きっと忘れないね この温もり

君が変えてく私のセカイ
少しずつ色塗り替えていく
二人笑って手を繋げれば
季節も超えていけるよ

「たまには悪くないね」と
強がりも君は笑って

白い息の向こう側を照らす
ほんの刹那に咲いた花は
胸の中に暖かく残る
ずっと忘れないよ こんな時間を

いつか君が遠くに行って
私の手が届かなくなっても
積もる記憶 絆になって
ずっと続いていく

白く染まる夜に灯された
小さく光る二つの花
きらめくのは刹那だとしても
明日を照らしている

かじかむ手で 灯りを燈して
澄んだ夜空に咲いた花火
積もる雪も融かしていくんだ
ずっと忘れないよ こんな時間を

「冬空花火」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ClariSの人気歌詞

ClariSの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.