望郷〜斉太郎節 歌詞 / 吉幾三

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 検索 ランキング 新着情報
> > 望郷〜斉太郎節 歌詞
吉幾三「望郷〜斉太郎節」のジャケット画像

望郷〜斉太郎節

 

吉幾三

作詞 : 吉幾三
作曲 : 吉幾三

アルバム「感謝を込めて〜あの人が歌ってくれた詩 -吉 幾三セルフカバー集-」収録曲

歌詞

春の便りが 来るのも待たず
故郷(くに)に残した 母親ひとり
二度か三度の 短い電話
花の知らせに 夢見ています
泪浮かんだ あぁふるさと…

松島のサーヨー
瑞巌寺ほどの
寺も無いトエー

蝉の泣く声 七つの頃の
死んだ親父の 面影浮かぶ
花火祭りに この手を引かれ
四十男の ひとりの酒に
寄せる望郷 あぁふるさと…

前は海サーヨー
後(うしろ)は山で
小松原トエー

達者な顔こそ 何より土産
孫と女房と 夜汽車で向かう
秋の香りを 帰りは積んで
母のやさしさ この目に刻み
肩のひとつも あぁふるさと…


最終更新日 : 2018-02-23
この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
吉幾三の人気ランキング
この歌手の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon検索 iTunes

関連情報

ふたりの船唄
天童よしみ

俺とカモメと日本海
伊達悠太

惚れたがり
氷川きよし

晴れ舞台
ジェロ

めぐりめぐる季節を越えて
カサリンチュ

歌詞ナビ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。
Copyright (C) 2005-2019 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.