坂本冬美「夜桜お七」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 坂本冬美 > 夜桜お七 歌詞

夜桜お七

歌手:坂本冬美
作詞:林あまり
作曲:三木たかし


赤い鼻緒(はなお)がぷつりと切れた
すげてくれる手ありゃしない
置いてけ堀(ぼり)をけとばして
駆(か)けだす指に血がにじむ

さくら さくら
いつまで待っても来(こ)ぬひとと
死んだひととは おなじこと
さくら さくら はな吹雪
燃えて燃やした肌より白い花
浴びてわたしは 夜桜お七
さくら さくら 弥生(やよい)の空に
さくら さくら はな吹雪
口紅をつけてティッシュをくわえたら
涙が ぽろり もうひとつ ぽろり

熱い唇おしあててきた
あの日のあんたもういない
たいした恋じゃなかったと
すくめる肩に風が吹く

さくら さくら
いつまで待っても来(こ)ぬひとと
死んだひととは おなじこと
さくら さくら はな吹雪
抱いて抱かれた
二十歳(はたち)の夢のあと
おぼろ月夜の 夜桜お七
さくら さくら 見渡すかぎり
さくら さくら はな吹雪
さくら さくら
さよならあんた
さくら さくら はな吹雪

「夜桜お七」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

坂本冬美の人気歌詞

1 祝い酒浮世荒波 ヨイショと越える 今日はおまえの
2 雪国 〜駒子 その愛〜トンネル抜けたら そこは雪国 駒子は氷柱(つらら)と
3 紀ノ川次の世の 我が子の幸(さち)を 祈って流れる 川がある
4 風に立つ青嵐に吹かれて 胸をはる 日もあれば
5 また君に恋してる朝露が招く 光を浴びて はじめてのように ふれる頬
6 百年先も手をとりながら流れる川の 水面に映る 葉影の色は じきに
7 あゝ 女たちよ星のない夜がさみしくて 何度名前を呼んだでしょう
8 安奈安奈 おまえの愛の灯は まだ燃えているかい
9 哀愁のカサブランカ抱きしめると いつも君は 洗った髪の香りがした
10 白い冬一人で想う 秋はもう深く 過ぎ去れば
坂本冬美の楽曲一覧を見る▶

関連動画


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEWムーンライト
ジャニーズWEST

♪手を突っ込めばポケットの中 宇
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWAutomatic
ジャニーズWEST

♪Oh that's right You and me, we
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.