愛内里菜「空気」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 愛内里菜 > 空気 歌詞

空気 / 愛内里菜
Amazonで見る

「空気」歌詞

歌手:愛内里菜
作詞:愛内里菜
作曲:愛内里菜


季節はまた深くなり
曇る窓 白くいつもの景色を
ぼやかしていく
君との時間のすべても
uh- ぼやけてゆけばいいのに
uh- ゆっくり目を閉じた
吸い込む空気は
いつでも
君の温もりがある
手作りだった
 
弱いからこそ支え合い
巡(めぐ)る哀しみに優しさ持ち寄る
重ねてくべき
切ない想いを 二人は
uh- 数え 探り合い足りずに
uh- もどかしく こぼれていった
半分なくせば
何もがガラクタで
果たしようもない
約束のように
 
守りぬけるモノが 失くすモノヘと
ほんのわずかな違い
人は皆 通り過ぎて気付く
 
吸い込む 空気は
いつでも 君の
吸い込む 空気に
もう君が 居なくて
吸い込むほどに
ただ苦しくて

アルバム「A.I.R」収録曲


愛内里菜の人気ランキング

愛内里菜の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.