RAG FAIR「白い天使が降りてくる」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > RAG FAIR > 白い天使が降りてくる 歌詞

「白い天使が降りてくる」歌詞

歌手:RAG FAIR
作詞:加納孝政
作曲:櫻井真一

お決まりのカフェ おきにのケーキに
いつもと違う 銀のデコレーション
窓の外には プラタナスの木に
おめかしをする 北風の子供達
 
寒いのは苦手だけど 流行(はやり)ものにも興味はないけれど
本当は一緒にいたいんだ
 
白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる
暖めてあげる ほほも指先も 吐息まで
だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう
空に祈るよ ずっと君を抱きしめて
 
出会った頃は 肩までだった
栗色の髪 さざ波のように
今夜の君は 吸い込まれそうで
「とても似合うよ」 思わずこぼした言葉
 
これからの僕の時間は いつまでも君に預けておくから
寒い日も辛いときも一緒にいるよ
 
白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる
目が離せないよ きらめく光と その瞳
だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう
胸に刻んだ 心の鐘が鳴り響く
 
白い天使が降りてくる 僕らの街に降り積もる
暖めてあげる ほほも指先も 吐息まで
だから二人でこの時を 永遠の未来にしよう
空に祈るよ ずっと君を抱きしめて

アルバム「RAGッ STORY」収録曲


RAG FAIRの人気ランキング

RAG FAIRの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.