河口恭吾「夢の真ん中」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 河口恭吾 > 夢の真ん中 歌詞

河口恭吾「夢の真ん中」の歌詞を収録したCDジャケット画像

夢の真ん中

歌手:河口恭吾
作詞:河口京吾
作曲:河口京吾


溶けた氷を指でつついた
静けさより重い湿った風
ふせた瞳にあふれてる君の
その涙にかえす言葉がない
サヨナラをくりかえして僕らは
さがしてたものを見失う
サヨナラをくりかえして僕らは
夜空の月を見上げる

さめた季節をたぐりよせては
変わらない街並みで立ち止まるよ
あの日笑った僕らの瞬間(とき)
いつまでもどこかで探している
サヨナラをくりかえして僕らは
出会いの意味を知るだろう
やさしさを手放して僕らは
かなしい夢から覚める
サヨナラをくりかえして僕らは
さがしてたものを見失う
サヨナラをくりかえして僕らは
夜空の月を見上げる
夜空の月を見上げる・・・

映画「MAKOTO」主題歌
アルバム「ALL TIME BEST」収録曲


「夢の真ん中」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

河口恭吾の人気歌詞

1 僕がそばにいるよ 君を笑わせるから 桜舞う季節かぞえ
2 水曜日の朝今夜君とまちあわせた 行き交う人の街角
3 夢の真ん中溶けた氷を指でつついた 静けさより重い湿った風
4 私のすべて花咲く春は 生まれた町を あなたに見せたい
5 ホントは幸せ出会ったばかりの僕らはいつでも 笑っていたのに
6 OVER朝もや立ち込める河川敷を一人で
7 会社をやめて旅に出よう自分の足も見えない電車に押し込められて
8 孤独のキャラバン月の砂漠をどこまでも 白い駱駝のコブにゆられて行く
9 少し疲れてるだけさたまの休みは午後まで寝たい
10 蒼い時計君から言えないなら いま僕から言おうか
河口恭吾の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

「MAKOTO」関連情報

私がいなくなっても
Ryu

♪あなたの名前を あと何度呼べる

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEWムーンライト
ジャニーズWEST

♪手を突っ込めばポケットの中 宇
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWAutomatic
ジャニーズWEST

♪Oh that's right You and me, we
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.