真心ブラザーズ「その分だけ死に近づいた」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 真心ブラザーズ > その分だけ死に近づいた 歌詞

その分だけ死に近づいた / 真心ブラザーズ
Amazonで見る

「その分だけ死に近づいた」歌詞

歌手:真心ブラザーズ
作詞:YO-KING
作曲:YO-KING


スライは雨に似合う 刺身は日本酒に合う
祭の山車が通り過ぎていく 面白いリズムを奏でながら
法被が空を龍のように駆け上がり
何かおおきなものたちに 吸い込まれていった
 
ああ こんなひとときを積み重ねて
ぼくらはその分だけ死に近づいた
 
1000本ノック読書 読み散らかしていく
川に何度も桜を見に行く 苦手なことは人に任す
とんびが空に無限描き 教えてくれた
誰か優しき友達に 知らせてあげたい
 
ああ こんなひとときを積み重ねて
ぼくらはその分だけ死に近づいた
 
遊びの日々が溶ける 飽きたら次の遊び
チンドン屋が練り歩いていく 人気の無いアーケード
失われてしまったものを 思い出す前に
すでに涙が溢れている自分に気づく
 
ああ こんなひとときを積み重ねて
ぼくらはその分だけ死に近づいた
ああ こんなひとときを積み重ねて
ぼくらはその分だけ死に近づいた

アルバム「FLOW ON THE CLOUD」収録曲


真心ブラザーズの人気ランキング

真心ブラザーズの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.