HUNGRY DAYS「卒業のうた」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > HUNGRY DAYS > 卒業のうた

卒業のうた

歌手:HUNGRY DAYS
作詞:古河弘基
作曲:古河弘基


それぞれの道を 踏み出す誰もが
離ればなれになるのなら
そんなの辛すぎるよ
はしゃぎあった校舎
気になるあの娘の笑顔
席替えで隣に来たとき
いてもたってもいられなかった

学校の授業より
大事なことがあると思ってたんだ

だけど ずっとずっと
いっしょにいたかった
会えなくなるのは さみしいよ
だから歌うのさ 声が枯れるまで
きっとサヨナラは はじまりだから

素直な自分に なれたならあの娘にも
強がらずに 本当の気持ちを
伝えられたのかな

教科書のラクガキ
いつか僕と気づいてくれればいいな

もしも ずっとずっと
いっしょにいれたら
キズつくことさえ 怖れないのに
涙が溢れて 止まらないのは
出会えたことが 嬉しいからだよ

信じたい 出会うための別れだと
ありがとう 卒業

そして ずっとずっと
僕らの心に
思い出たちは 生きていくから
いつもの笑顔で 強く手をふるよ
きっとサヨナラは はじまりだから

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

HUNGRY DAYSの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.