東風「想い唄〜ウムイウタ〜」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 東風 > 想い唄〜ウムイウタ〜

想い唄〜ウムイウタ〜

歌手:東風
作詞:東風平高根
作曲:東風平高根

カンカラ鳴らして見上げた空は、
いつも青々でまぎーでした。
東京で見る空は青くはありません、
ピカピカな星ひとつありません。

春には春の花びら舞って、夏には夏の日が落ちる
秋には秋の色をつけて、冬には冬の寒さがしみる
泣かないで、ああ、泣かないで・・・

主里の城(グスク)から見下ろす海を、
思い出すから帰りたい。
わんのおじーもおばーもみんな、
死んでしまって会えません。

春にはとうに泳いでました、夏には太陽ぎんぎらら
秋には夏の残暑が続き、冬には少し風が吹く
泣かないで、ああ、泣かないで・・・

春には春の花びら舞って、夏には夏の日が落ちる
秋には秋の色つけて、冬には冬の寒さがしみる
泣いてるような飛行機雲に、重ねた想いほろほろり
春には花を、夏には風を、秋には色を、冬には夢を
泣かないで、ああ、泣かないで
泣かないで、ああ、泣かないで・・・

「想い唄〜ウムイウタ〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

東風の人気歌詞

1 想い唄〜ウムイウタ〜カンカラ鳴らして見上げた空は、

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.