ズボンドズボン「当たり前の恋」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ズボンドズボン > 当たり前の恋 歌詞

「当たり前の恋」歌詞

歌手:ズボンドズボン
作詞:土屋礼央
作曲:土屋礼央


当たり前の恋をすればそれで良い
君がいれば それで良い
これからは そう僕の役目承り
君の思い出に京都言う日が入る様に
 
もう夢中です 鼓動が心拍数を超えて
動き出す右手が受話器を持つ
勢いで解き放った僕の魂
永遠を感じた後に君は小声で
 
ちょっと待って こういう時何処に行くの?
ひょっとしてあれこれかれこれ準備がいるの?
恥ずかしながら逢いたいだけさ
 
当たり前の恋をすればそれで良い
君がいれば それで良い
とりあえずベタにお台場へ それで良い
君がいれば 特別な時間だから
 
当たり前の恋をすればそれで良い
ただそれだけ・・・
 
客観な情報や道徳的な愛情は
純情な感情を奥から食い荒らす
法則ってなんだ?
正常な恋愛ってなんだ?
ただ君に・・・ 君に・・・
 
当たり前の恋をすればそれで良い
君がいれば それで良い
これからは そう僕の役目 承り
君の思い出に今日と言う日が入る様に
 
ただ純粋に思う・・・
ただ純粋に思う・・・

アルバム「ロングスカート」収録曲


ズボンドズボンの人気ランキング

ズボンドズボンの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.