10-FEET「少し眠っていたんだ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 10-FEET > 少し眠っていたんだ

10-FEET「少し眠っていたんだ」のジャケット画像

少し眠っていたんだ

歌手:10-FEET
作詞:TAKUMA
作曲:TAKUMA


あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて
道は分かれ 時は過ぎて
それぞれの寂しさも欲望も痛みも
少しずつ少しずつ あぁ

あなただけにしか見えないような(見えないような)
悲しさ寂しさがきっとあって(きっとあって)
僕がもう少しいい奴なら(いい奴なら)気付けたかな
馬鹿なふりをした優しさも(優しさも)
無理やり怒った優しさも(優しさも)
僕がもう少しだけ あと少し気付けたなら

あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて
道は分かれ 時は過ぎて
ここにいる意味なんてないと嘆いたことも
少しずつ少しずつ あぁ

逆立つ愛の感情は(感情は)
卑しさ寂しさが映し出して(映し出して)
忘れることや冷たさで(冷たさで)隠せたなら
辿り着けると思ってたんだ(思ってたんだ)
Going Going 遠いよ 本当は(本当は)
溢れ出る優しさも 作り出した優しさも

「少し眠っていたんだ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

10-FEETの人気歌詞

10-FEETの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.