ポルノグラフィティ「音のない森」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > ポルノグラフィティ > 音のない森

ポルノグラフィティ「音のない森」のジャケット画像

音のない森

歌手:ポルノグラフィティ
作詞:岡野昭仁
作曲:岡野昭仁


月の明かり頼りに歩き出した
おぼつかぬ足取り
白い冬も青い夏もそっと踏み出した
いつの間にか迷い込んだ深い森は
暗く湿ったまま止まった
苦しくて叫ぶ声 届かない
何を待つ? 蜘蛛の糸?青い鳥
救いを求め天を仰ぐ

ここには先を印す地図は無い
そして気付いた事
旅は「未来」という名の
終わり無いものだった
見渡せばそこにいくつもの足跡
誰もが通り行く場所なんだろう
身を屈め 泣いていた
音も無いこの深い森に怯えて
耳を塞ぐと 確かな鼓動だけ聞こえた

過ぎて行く時間にも
景色にも変わらないもの
僕たちはここに居る
呼吸を止めずここに居る
そしてまた歩き出そう
先はまだ果てなく永い
僕たちはまだ森の中 抜け出そう
陽のあたる場所へ

アルバム「PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary“ALL TIME SINGLES”」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

ポルノグラフィティの人気歌詞

ポルノグラフィティの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.