ポルノグラフィティ「朱いオレンジ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ポルノグラフィティ > 朱いオレンジ 歌詞

「朱いオレンジ」歌詞

歌手:ポルノグラフィティ
作詞:岡野昭仁
作曲:岡野昭仁


僕を溶かしてよ
蠢いている言葉たちの出口はどこ?
いつの間にか塞がれて
行き場をなくしてしまっている
生きていく中で触れて来たもの
混じり合うことを重ねて
そしてただ胸の奥で
ゆっくり塊になった
 
ずっと全て受け入れる事が
僕の弱さ 打ち消すと信じていた・・・
 
僕を離してよ
その手を退けて
何故そんなに強く掴む?
前を向きひたすらに
走り出さなきゃいけないのに
 
腕を払っても爪は食い込んだ
強く掴む人はそう・・・僕だった
 
そして飽きるくらい自分と向き合った
あと何回くらい繰り返せば辿り着けるの?
 
銅鉄の鎧を纏っている
僕のこの心を今すぐ
誰か灼熱の抱擁で
愛撫して溶かしてよ
 
綺麗なもの 歪んだもの
僕にはある ただ曝す事が怖くて
与えるもの 失うものさえも
見えなくなった
ああ僕を返して下さい

ポルノグラフィティの人気ランキング

ポルノグラフィティの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.