CHAGE & ASKA「36度線-1995夏-」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > CHAGE & ASKA > 36度線-1995夏-

36度線-1995夏-

歌手:CHAGE & ASKA
作詞:ASKA
作曲:ASKA

紅いお日様が 海に浸かるころ
紅茶のティーバッグを カップに沈めてた

僕の地球儀は もう使えなくて
ただ部屋のスイッチで 朝と夜とを行った

36度線のベルトの下あたりじゃ
誰もが 流行(はやり)のように 上書き されあってる

忘れ物が 見つからない
放課後の 寂しさがした

カップの中の 海を揺らした
色が深くなり 心は沸いた

街ですれ違う 若い人たちは
みんなタレントさんで 茶色の髪してた

36度線のベルトの下あたりじゃ
誰もが 自分らしさを 誰かで計ってる

僕のままで 横たわる
ジーンズはいて 歌を歌った

カップの中の 朝日をあげる
そんなフレーズに 憧れてみた

忘れ物が 見つからない
放課後の 寂しさがした

カップの中の 海を揺らした
色が深くなり 心は沸いた

僕のままで 横たわる
ジーンズはいて 歌を歌った

カップの中の 朝日を上げる
そんなフレーズに 憧れてみた

アルバム「DOUBLE」収録曲


「36度線-1995夏-」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

CHAGE & ASKAの人気歌詞

CHAGE & ASKAの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.