真咲よう子「熱燗」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 真咲よう子 > 熱燗 歌詞

真咲よう子「熱燗」のCDジャケット
Amazonで見る

熱燗

歌手:

真咲よう子


作詞:大久保與志雄
作曲:君塚昭次

おちょこふたつに 注ぐ酒は
大波小波の 味がする
肌を寄せ合い 越えて行く
時代遅れの 似た者同士
熱燗二合 熱燗二合
笑顔で温める 夜の酒
 
思い通りに ならぬ日は
一緒に堪(こら)えた にがい酒
そんな時には 手を重ね
そっとひと言 「お疲れさま」と…
熱燗二合 熱燗二合
静かに過ぎてく 夜の酒
 
浮かぶお酒に 夢ひとつ
追いかけ漕(こ)いでる ふたり船
影がひとつに 重なって
幸せ感じる おんなの心
熱燗二合 熱燗二合
酔いに包まれ 夜の酒

真咲よう子の人気ランキング

真咲よう子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

関連人気歌詞

イコール / Official髭男dism
ポーズ / 岡崎体育
gravity / 夏川椎菜
残んの月 / 杜このみ
春を待つ / Kalafina
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.