大塚愛「雨色パラソル」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 大塚愛 > 雨色パラソル 歌詞

「雨色パラソル」歌詞

歌手:大塚愛
作詞:愛
作曲:愛


すごく晴れた日に
傘を持っていた
すごく大きな
色のないものだった
広げるか それとも
閉じたままにするか?
降り出した雨に とっさに広げた
雨やどりのあなたに
出逢ったのは
もう いつだったか忘れたくらい
2人で並んだ この距離も
ぴったりくっついた
恋の味も ラララ
今でが もう雨色だけに
なったけど
ちょっと下を向いてもいいから
笑って 水たまりを越えるの
 
すごく演技のうまい
あたしに降りつもる虚しさ
あなたのつく嘘は
裏切りよりも心を打つ
もう わかっていたくせに
もう 泣きたいくせに
もう 今ではちゃんと
背中押してあげなきゃ
2人で聞いた この雨音も
ちょっぴり苦い 恋の味も
ララララララ
今では
もう雨色しか見えないけど
いつか また会えたら
笑えるように
今はね 水たまりを越えるの
 
雨が止んだら
ここに 置いてくね
 
2人で並んだ この距離も
ぴったりくっついた
恋の味も ラララ
今でが もう雨色だけに
なったけど
ちょっと下を向いてもいいから
笑って 水たまりを越えるの

大塚愛の人気ランキング

大塚愛の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.