尾崎裕哉「27」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 尾崎裕哉 > 27 歌詞

27 / 尾崎裕哉
Amazonで見る

「27」歌詞

歌手:尾崎裕哉
作詞:尾崎裕哉
作曲:尾崎裕哉・蔦谷好位置


ため息ばかりついていたのは
僕が僕であるために背負うことが多すぎた
受け入れることも 否定することも
全て僕が選ぶことだと知っているの
 
焦る必要ないんだってつぶやく唇が
時々滲んで見えてしまうけど
思い出すよ
 
幼過ぎたあの頃 僕は
遠い背中を追っかけていた
諦めかけたときもある
でも走り続けた
生まれた意味を 探していたよ
 
誰を信じればいいのかわからなくて
自分だけが頼りだと思っていたし
すれ違がった人々を思い出して傷ついて
ほら また僕は臆病になっちまうの
 
突然冷たい言葉が突き刺さったとしても
生きる強さを忘れてしまわないで
ほら見えるよ
 
少し分かり始めた 僕は
遠い背中を追っかけていた
僕は僕らしく生きる
一人じゃないから
生まれた意味を 信じているよ
 
忘れないで その心
すぐには分かってもらえなくても
忘れないで その気持ち
遠回りだと思っても
 
食いしばって あともう少しだけ
いつだって 自分を犠牲にしたくない
比べたって 探している答えは
見つからない
笑顔から始めよう
 
果てしない叫びの中 僕は
いつの間に追い越していたけど
この道はまだ続くよ
走り続けるのさ
まだ見ぬ風景
まだ見ぬ夢を
探していくよ

尾崎裕哉の人気ランキング

尾崎裕哉の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.