Goose house「あの日の歌」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > Goose house > あの日の歌 歌詞

あの日の歌 / Goose house
Amazonで見る

「あの日の歌」歌詞

歌手:Goose house
作詞:Goose house
作曲:Goose house

改札流れ込む人に押されて
邪魔しないように歩く僕の影はどれだろう

知り尽くしてるいつもの街なのに
まっすぐ進むことでさえ難しいんだ

何度でもやり直せるのさと 言い聞かせとにかく前へ進む
いつしか空は晴れるだろう 晴れるだろう

なぁ 今なに背負って みんなはこの日々歩いてるのか
あぁ 僕らの歌が ラララ 今夜は晴れると歌ってる

守るべきものが増えていく中で
変わることを弱さと呼ぶ人もいる

描いた未来が形を変えても
積み上げたなら 強さになると思うんだ

ギラギラした野望は 今もあの歌の中に生きている
いつしかちゃんと愛せるだろう いつの日か

なぁ どんな景色をみんなは探して歩いてくのか
あぁ 僕らの歌が ラララ 今夜は晴れると歌ってる

君は今どうしているか とりあえず笑えているか
いつしか手を振れるのだろう いつの日か

なぁ 今なに背負って みんなはこの日々歩いてるのか
あぁ 僕らの歌が ラララ 今夜は晴れると歌ってる
今夜は晴れると歌ってる
明日は晴れると歌ってる


アルバム「HEPTAGON」収録曲


Goose houseの人気ランキング

Goose houseの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.