SKE48「制服を脱ぎたくなって来た」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > SKE48 > 制服を脱ぎたくなって来た 歌詞

制服を脱ぎたくなって来た / SKE48
Amazonで見る

「制服を脱ぎたくなって来た」歌詞

歌手:SKE48
作詞:秋元康
作曲:多田慎也

別れ際の手の振り方で
あなたには寂しさがバレてる
好きだってことは心のざわめきを
何となく感じ合うこと

明日も二人は会えるのに
だけどそれまでが待ち遠しい
そんな自分にあきれちゃう
ああこれが恋なのか

制服を脱ぎたくなって来た
早く大人になりたいよ
門限なんか もう気にしないで
時には外泊だってして
秘密も作りたい
子供扱いは卒業させて

アスファルトの向こう側から
大声で名前叫ぶなんて…
あなたってわざとオーバーな仕草で
今日もまた迎えてくれる

日差しが傾くスピードが
会っている間 気になるんだ
そばにいられるしあわせが
短くて切ないよ

制服を脱ぐ季節が来れば
もっと自由になれるはず
生きたいように生きてみたいよ
誰にも干渉されないで
自分に正直に…
私服になって恋愛したい

制服を脱ぎたくなって来た
早く大人になりたいよ
門限なんか もう気にしないで
時には外泊だってして
秘密も作りたい
子供扱いは卒業させて


アルバム「革命の丘」収録曲


SKE48の人気ランキング

SKE48の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.