夏代孝明「ふたつの物語」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 夏代孝明 > ふたつの物語 歌詞

ふたつの物語 / 夏代孝明
Amazonで見る

「ふたつの物語」歌詞

歌手:夏代孝明
作詞:夏代孝明
作曲:夏代孝明


解けない魔法に 僕らは身をゆだねていた
流れる時間は 静かに呼吸を止めた
言葉よりもっと 確かな想いは
言葉にできないからこそ 意味があると思うんだ
 
ああ
 
ふたつの物語をつなぐ真冬のオリオン
銀河をまたいで明日へ続く光を辿って
世界のどこで過ごしてても
互いを見つけられるの
 
明日が来るのが 怖くて 眠れなかったり
昨日のことが 辛くて 進めなかったり
曖昧な感情 漂う五線譜を
刻む優しすぎる声が いつも背中を押してる
 
ああ
 
嬉しかったことはきっとふたりを超えていって
悲しかったことはすっと雪のように溶けていく
ふたりが重ねた影には
憂いなんて映らない
 
出会えたことは僕らの願った奇跡だけど
繋いだ手と心は僕らが書いたストーリー
 
ふたつの物語をつなぐ真冬のオリオン
銀河をまたいで明日へ続く光を辿って
世界のどこで過ごしてても
互いを見つけられるの
 
そう願ったんだ

夏代孝明の人気ランキング

夏代孝明の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.