堀内孝雄「聖橋の夕陽」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 堀内孝雄 > 聖橋の夕陽 歌詞

聖橋の夕陽

歌手:

堀内孝雄


作詞:石原信一
作曲:堀内孝雄


学生街の 坂道で
偶然きみに 逢うなんて
白髪の混じる 齢(とし)なのに
ときめく胸が よみがえる
 
何を話せば いいんだろ
あの頃のきみが そこにいる
変わりゆく この街かどに
色あせぬ 青春がある
 
きみを傷つけた ことがあったから
今が幸せと 聞いてよかった…
 
聖橋から 眺める夕陽
川がまぶしく 時はたたずむ
戻らない 想い出に 恋をする
 
家路を急ぐ 日暮れ時
きみにも帰る 家がある
ためらいがちな 微笑みを
交わせば風が さらっていく
 
わずか5分でも 心熱くした
ここで見送ろう 人にまぎれて…
 
聖橋から 眺める夕陽
響く線路に 時が流れる
戻らない 遠き日の 恋が行く
戻らない 遠き日の 恋が行く

堀内孝雄の人気ランキング

堀内孝雄の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

No way!! / Uru
女神 / 井上陽水
フェアリーテイル / 三月のパンタシア
liar / ぼくのりりっくのぼうよみ
Honey Moon Song / a flood of circle
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.