ユナイト「瞼に残光、」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ユナイト > 瞼に残光、 歌詞

ユナイト「瞼に残光、」のCDジャケット
Amazonで見る

瞼に残光、

歌手:

ユナイト


作詞:莎奈
作曲:莎奈


「だってそれはあんまり無理じゃありませんか。そんなことをする位なら、
私はもう死んだ方がましです。今すぐ殺して下さい。」
――宮沢賢治「よだかの星」より
 
燐の火の様な青い光がしずかにただ燃えている。
天の川を背に揺蕩う光はあの日読んだ夜の鳥。
 
地下鉄、行き場のない回送車両。残光、瞼にちらつく。
夜鷹は星に。じゃあ僕は一体何に?
名前に? 在る形に?
 
ずっとのぼってく。
僕も一緒に連れてってくれないか。
 
燐の火の様な青い光がしずかにただ燃えている。
瞼に残るあの残光は“逃げたかった”からじゃない。
 
ずっとのぼってく。
僕も一緒に連れてってくれないか。
 
燐火の様な青い光がしずかにただ燃えている。
夜鷹の星は望んだからこそあの場所で輝いてる。
自ら選んだ色で。
 
選択するということ。

ユナイトの人気ランキング

ユナイトの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

女神 / 井上陽水
フェアリーテイル / 三月のパンタシア
liar / ぼくのりりっくのぼうよみ
君のとなり produced by 小田和正 / スキマスイッチ
深海の恋 / 大橋トリオ
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.